オンラインでのご相談にも対応しております。
SEARCH

「遺留分」の検索結果23件

遺産相続に強い弁護士をお探しの方へ

遺産相続、遺言、遺留分に強い弁護士をお探しの方へ。 弁護士法人ひいらぎ法律事務所は、 姫路エリアで家族問題に注力して10年以上 累計3600件超の相談実績 調停委員が在籍 ですので、きっとあなたのお力になれるかと思います。 調停では解決できない!当事務所はこんな案件も解決 実例1)振替社債等の仮処分を利用し、すみやかに遺産分けを実現 Xさんは、兄Yが父の残した株式等について、遺産分けをしてくれず、 […]

父親が再婚しているときの遺産相続|再婚相手と実子の相続割合は?

厚生労働省の調査によると夫婦の離婚率は2000年ごろをピークとして減少傾向にあります。 離婚してその後再婚した場合にはそれぞれの婚姻時に子を持つと半血兄弟姉妹の関係が生まれます。 異母兄弟姉妹や異父兄弟姉妹です。離婚率は2000年ごろがピークであるため、その頃に離婚再婚をした夫婦の子どもはそろそろ成人に達する頃になっています。 半血兄弟姉妹で問題になるのは遺産相続です。 一般的に同じ両親を持つ兄弟 […]

不公平な遺言書があっても遺留分はもらえる?注意点も解説

遺言は被相続人の最後の意思として尊重され、原則として遺言書に書かれたとおりに相続財産が分配されます。 自分の死後に争いが生じることが予想される場合や、特に多く財産を承継させたい人がいる場合には、遺言書を作成することは大きなメリットがあります。 たとえば、配偶者にすべての財産を残したいという意思を実現することができたり、相続人以外の世話になった人に財産を残したりすることもできます。 しかしそうなると […]

遺産相続に関する時効まとめ!手遅れになる前に知っておこう

法律には時効というものがあります。 一般的によく知られているのが、刑事事件での時効ではないかと思います。 国民の生活や身分関係などを規定する民法においてもさまざまな時効が規定されています。民法における時効には、ある期間継続することにより権利を取得するといった取得時効、ある期間権利を行使しない場合、あるいは一定の期間内に手続きしない場合には、その権利が消滅し以後権利行使ができなくなる消滅時効の規定が […]

相続における遺留分の計算方法は?4ステップで簡単に導けます

兄弟姉妹が相続人である場合を除いて、各相続人には「遺留分」が認められています。(民法第1042条) 本記事では、相続における遺留分の詳細や計算方法などについてご説明します。 遺留分とは? 遺留分とは、相続人が被相続人の財産に対して最低限主張できる権利です。 たとえば、被相続人がある相続人に財産を承継させないような内容の遺言を作成していた場合でも、財産をもらった人に対して「遺留分相当額を返してほしい […]

よくある質問(FAQ)

無料相談会の日ではありませんが、相談できますか? 相談できます。日程の合わない方は、調整させていただきますので、お問い合わせください。 申し込んだ当日に法律相談できますか? 法律相談申込当日の法律相談についても、お気軽にお問い合わせください。 ただ、弁護士の予定の関係上ご相談をお受けできない場合がございますことをご了承ください。 電話で相談できますか? 電話での相談には対応していません。 電話での […]

代襲相続人になれる人は?孫や甥・姪がもらえる相続割合について解説

「相続人が先に死亡していたら誰が相続人になるのだろう?」 「その場合の相続分は?」 そうしたお悩みはありませんか。 本記事では、代襲相続人になれる人は誰なのか、孫や甥・姪がもらえる相続割合についてご説明します。 代襲相続とは 被相続人の子が、相続開始(=死亡)以前に死亡するなどすると、被相続人の子の子が代わりに相続人となり、これを代襲相続といいます(民法887条2項)。 その代襲者も、被相続人の相 […]

きょうだい(兄弟姉妹)で遺産相続するときの相続割合を2パターンで解説

両親が他界した際に、兄弟や姉妹の間での遺産相続をめぐるトラブルは起きてしまいがちな問題のひとつです。 兄弟姉妹間での相続割合や、もしも連絡先が分からず分配を行うことができなかった場合はどうなるのでしょうか。 本記事では、兄弟で遺産相続するときの相続割合を2パターンで解説いたします。 兄弟姉妹で遺産相続するパターンは2つ 相続が開始して、兄弟姉妹間で遺産についてその分配方法を話し合うこと(遺産分割協 […]

相続分は増やせる?相続で自分の取り分を増やす5つの方法

相続の際に、兄弟や姉妹など複数の相続対象者がいる場合、自分の取り分が少なくなることがあります。 ほかの被相続人よりも、自分の取り分を多くすることはできるのでしょうか。 本記事では、相続分を増やすことができるのか、自分の取り分を増やす方法をご紹介します。 法定相続分はあくまで取り分の原則 法律では、相続が開始した場合の相続分(取り分)が規定されています。 配偶者は必ず相続人となり、子どもがいれば配偶 […]

通帳を見せてくれないきょうだいとの間で円満に遺産分割協議を成立させられた相続解決事例

ご相談 Xさん(50代、女性、会社役員)は、父が亡くなった後、父を世話していたきょうだいのY(40代、男性、自営)に父名義の通帳等を見せてほしいとお願いしましたが、見せてくれず、遺産を取り込まれたものと思い、遺留分を請求したいと考え、当事務所を訪れました。 当事務所の活動 当事務所は、Xさんに不動産について固定資産評価証明書を、預貯金について取引履歴を取り寄せていただきました。 それら資料を精査し […]

>

お気軽にお問い合わせください。



遺産相続の悩みはしんどいものです。

当事務所は家族問題に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:079-226-3160