「相続は弁護士へ」の理由

遺産相続や遺言のことは誰に相談しますか?

  • 遺産相続や遺言について専門家に相談したい
  • 税理士,司法書士,弁護士の誰に相談したらいいのだろうか?

遺産相続や遺言のことは,誰に相談しますか?
会社経営者や個人事業主の方は,税理士さんでしょうか?
不動産をお持ちであれば,司法書士さんでしょうか?

税理士さんは,相続税の申告や相続税対策の専門家です。
司法書士さんは,相続に絡む不動産や会社の登記の専門家です。
しかし,相続は,さまざまな問題をはらみ,もめやすいものです。

  • 遺言の効力や遺留分は大丈夫か
  • 相続人や遺産の範囲に間違いがないか?
  • 不動産や非上場株式をどのように評価するか?
  • 遺産分割の方法や手続はどうすればよいか?
  • 相続人同士で円満に話し合えるか?

そこで,こうした点について,少しでももめている場合や,もめそうな場合は,まず弁護士に相談することをお薦めします。
そのうえで,税理士さんや司法書士さんなどに手続きをお願いしましょう。

税理士,司法書士,弁護士は相談する順番が大切

相続のことは誰に相談したらよいのかと検索すると,税理士,司法書士,弁護士,信託銀行などを比較するサイトがありますが,比較よりもむしろ,どの順番で相談するかの方が大切です。

相談する順番については,結論から言えば,少しでももめている,又は,少しでももめそうな場合は,まず弁護士に相談すべきですが,それ以外の場合は,目的に応じて税理士さん,司法書士さんに相談すべきです。

税理士さんは,相続税の申告や相続税対策の専門家です。そこで,死亡した方が資産家であり,相続税の申告や相続税対策が必要な場合は,税理士さんに依頼することになります。もっとも,「3000万円+600万円×法定相続人の数」という基礎控除があることから,相続税を申告するケースは実際には多くありません。

また,司法書士さんは,相続に関する会社や不動産の登記の専門家です。そこで,相続に関し会社や不動産の登記が必要な場合は,司法書士さんに依頼することになります。

しかしながら,相続人間で,少しでももめている場合,又は,少しでももめそうな場合は,そうした相続税の申告や登記の前に,協議,調停,裁判の手続により,相続人間でもめごとを解決又は予防する必要があります。

もっとも,相続に関するもめごとは,様々な問題をはらんでいるので,相続人ご本人が解決しようとすると,処理を誤ったり,後日もめたりするおそれがあります。

この点,弁護士は,すべての法律事務について代理権を有しており(弁護士法3条1項),相続に関する協議,調停,審判のいずれの手続についても,相続人を代理し,他の相続人とのもめごとを解決又は予防することが可能です。

なお,司法書士さんの中でも,法務大臣の認定を受けた方は,簡易裁判所において取り扱うことができる民事事件(訴訟の目的となる物の価額が140万円を超えない請求事件)等について,例外的に代理業務を行うことができます。

しかし,実際のところ,相続でもめるのは,価額が140万円を超えるケースほとんどです。
そこで,司法書士さんに相続の登記を依頼しても,相続人間でもめている場合,弁護士を紹介されることになります。

以上をまとめると,相続人間で,少しでももめている場合,又は,少しでももめそうな場合は,まず弁護士に相談してもめごとを解決又は予防し,その後に,税理士さんや司法書士さんに手続を依頼することになります。

当事務所は,開所以来家族問題に注力してきた法律事務所です。
弁護士が遺産相続・遺言のご相談に乗り,必要に応じ,相続に関するもめごとを解決又は予防します。
また,信頼できる税理士さん,司法書士さんと協力関係にありますので,当事務所を通じて税理士さん,司法書士さんに手続きを依頼することも可能です。
お気軽にご相談いただければと思います。

PAGE TOP