当事務所は,新型コロナ対策に万全を期しておりますので,安心してご相談ください。オンラインでのご相談にも対応しております。

弁護士お役立ちコラム

弁護士お役立ちの写真

弁護士がお悩みごとに役立つ情報を提供させていただきます。

 

相続分は増やせる?相続で自分の取り分を増やす5つの方法

相続分は増やせる?相続で自分の取り分を増やす5つの方法
相続の際に、兄弟や姉妹など複数の相続対象者がいる場合、自分の取り分が少なくなることがあります。 ほかの被相続人よりも、自分の取り分を多くすることはできるのでしょうか。 本記事では、相続分を増やすことが

もっと読む

遺言書を法務局で保管してもらうメリットとデメリット

遺言書を法務局で保管してもらうメリットとデメリット
遺産の分配などを、故人の意向を反映したものが遺言書になります。 生前、他界した方が書き残した遺言書には法的な効力がある一方、紙面で管理をするため紛失の恐れがあります。 本記事では、遺言書を法務局で保管

もっと読む

異母兄弟にも相続権がある?トラブルを避けるためのポイントを解説

異母兄弟にも相続権がある?トラブルを避けるためのポイントを解説
父親が再婚者だった場合、異母兄弟がいることもあります。 被相続人が他界した際には、異母兄弟にも財産の相続権はあるのでしょうか。 本記事では異母兄弟にも相続権があるのか、相続時のトラブルを避けるためのポ

もっと読む

遺言書に検認は必要なのか?検認手続きの流れとよくある疑問まとめ

遺言書に検認は必要なのか?検認手続きの流れとよくある疑問まとめ
両親や親族といった被相続人が生前に財産分与などについて記載した遺言書には、どのような効力があるのでしょうか。 正しい効力を知っておかなければ、複数の相続人との間でトラブルに発展することもあります。 本

もっと読む

不公平な遺言書があっても遺留分はもらえる?注意点も解説

不公平な遺言書があっても遺留分はもらえる?注意点も解説
遺言は被相続人の最後の意思として尊重され、原則として遺言書に書かれたとおりに相続財産が分配されます。 自分の死後に争いが生じることが予想される場合や、特に多く財産を承継させたい人がいる場合には、遺言書

もっと読む

共有名義での相続はトラブルのもと!不動産を相続するときの分割方法

共有名義での相続はトラブルのもと!不動産を相続するときの分割方法
財産の中には不動産や自動車といった、等分できないものも含まれています。 そのような財産は、相続の際にトラブルに発展することもあります。 共有名義の財産はどのように相続をすれば良いのでしょうか。 本記事

もっと読む

遺産相続に必要な書類は?手続き別にわかりやすく解説!

遺産相続に必要な書類は?手続き別にわかりやすく解説!
両親や親族が他界した後は、遺産相続に関する処理を行わなければなりません。 相続する財産には金銭や不動産、自動車などが含まれており、相続のためには様々な書類が必要になります。 本記事では、はじめに共通す

もっと読む

遺言書の種類とメリット・デメリットを解説!おすすめの遺言書とは

遺言書の種類とメリット・デメリットを解説!おすすめの遺言書とは
人の死亡とともに相続が開始し、遺言書がある場合はその内容に則って相続の処理が行われます。 遺言書にはどのような種類があり、またどのような特徴があるのでしょうか。 本記事では、遺言書の種類とメリットやデ

もっと読む

遺産相続に関する時効まとめ!手遅れになる前に知っておこう

遺産相続に関する時効まとめ!手遅れになる前に知っておこう
法律には時効というものがあります。 一般的によく知られているのが、刑事事件での時効ではないかと思います。 国民の生活や身分関係などを規定する民法においてもさまざまな時効が規定されています。民法における

もっと読む

不動産を相続したときの名義変更(相続登記)手続きをわかりやすく解説

不動産を相続したときの名義変更(相続登記)手続きをわかりやすく解説
各所に不動産を管轄する法務局があり、そこで土地・建物ごとに「登記記録」を管理しています。 本記事では、この登記記録上の名義人が亡くなられた場合の相続人への名義変更について解説していきます。 登記簿謄本

もっと読む

介護による寄与分とは?認められる条件と必要な証拠について解説

介護による寄与分とは?認められる条件と必要な証拠について解説
相続を規定する法律には、相続人の中での不公平を調整する方法がいくつか規定されています。 たとえば、被相続人の生前にたくさんの金銭的援助があった相続人を他の相続人と同様に扱うのは不公平です(特別受益民法

もっと読む

相続における遺留分の計算方法は?4ステップで簡単に導けます

相続における遺留分の計算方法は?4ステップで簡単に導けます
兄弟姉妹が相続人である場合を除いて、各相続人には「遺留分」が認められています。(民法第1042条) 本記事では、相続における遺留分の詳細や計算方法などについてご説明します。 遺留分とは? 遺留分とは、

もっと読む

相続人不存在のときでも財産を守りたいなら遺言書を残そう

相続人不存在のときでも財産を守りたいなら遺言書を残そう
独居老人や未婚の方の中には,財産があっても受取人がいない場合があります。 「この家は誰かに使ってほしい」「預金は○○円あるから有効に使ってほしい」などの希望があっても,相続人がいなければ通常,国庫に帰

もっと読む

相続人調査はなぜ必要?理由と戸籍収集の手順を解説

相続人調査はなぜ必要?理由と戸籍収集の手順を解説
相続人から被相続人に遺産を相続する際には,お互いの身分を証明する戸籍謄本が必要です。 戸籍謄本は相続人と被相続人との関係性により,収集する情報が異なります。 そもそも,なぜ相続人の調査が必要なのでしょ

もっと読む

遺産相続の相続順位と割合は?基本をわかりやすく解説

遺産相続の相続順位と割合は?基本をわかりやすく解説
両親の逝去や生前贈与などにより,残された遺族に遺産が相続されます。 兄弟や逝去した配偶者がいる場合は,相続順位や割合はどのように分配されるのでしょうか。 本記事では遺産相続の相続順位と割合などの基本を

もっと読む

長男に遺産を独り占めされたくない!独り占めの原因と対処法を徹底解説

長男に遺産を独り占めされたくない!独り占めの原因と対処法を徹底解説
旧民法では,家督相続があり,長男が財産を全部相続することとされていました。 しかし,現民法では,「子・・・が数人あるときは,各自の相続分は,相等しいものとする。」(民法900条4号)とされ,兄弟は平等

もっと読む

遺産分割調停にかかる期間は平均1年!短期間で合意するためのポイント

遺産分割調停にかかる期間は平均1年!短期間で合意するためのポイント
遺産の分割の際に親族と論点になるポイントは,「いくら相続ができるのか」「いつもらえるのか」などです。 民法では相続できる金額が決まっているとはいえ,「もう少し相続したい」「これは私が相続したい」など,

もっと読む

遺産分割調停は弁護士なしで進められる?弁護士に依頼するメリットを解説

遺産分割調停は弁護士なしで進められる?弁護士に依頼するメリットを解説
「遺産分割の調停を申し立てざるをえなくなった」 「遺産分割調停を申し立てられた」 「でも,弁護士費用をかけたくない」 そのように考えて,遺産分割調停を弁護士なしで進められないだろうかと思う方もいます。

もっと読む

遺言信託トラブルを回避するには弁護士へ依頼するのが最適な理由

遺言信託トラブルを回避するには弁護士へ依頼するのが最適な理由
遺言書は法的効力を持ちますが,記載内容によっては財産分与される遺族の混乱を招く可能性があります。 そのため,財産の所有者は生前に,信託銀行へ「遺言信託」を依頼することがあります。 遺言信託には,どのよ

もっと読む

遺産分割調停の期日を欠席したい人が知っておくべきデメリットと対処法

遺産分割調停の期日を欠席したい人が知っておくべきデメリットと対処法
相続人が複数名の場合,家庭裁判所にて「遺産分割調停」を行います。 遺産分割調停を申し立てられたものの,出頭は煩わしいし,あれこれ突っ込まれそうで怖いといった理由で,いっそのこと期日を欠席したいと考えら

もっと読む

代襲相続人になれる人は?孫や甥・姪がもらえる相続割合について解説

代襲相続人になれる人は?孫や甥・姪がもらえる相続割合について解説
「相続人が先に死亡していたら誰が相続人になるのだろう?」 「その場合の相続分は?」 そうしたお悩みはありませんか。 本記事では,代襲相続人になれる人は誰なのか,孫や甥・姪がもらえる相続割合についてご説

もっと読む

未成年者の遺産分割に特別代理人は必要なのか?ケース別に詳しく解説

未成年者の遺産分割に特別代理人は必要なのか?ケース別に詳しく解説
遺産を分けようとしたら,相続人に未成年者がいた場合,未成年者との間で遺産を分けることができるのでしょうか? また,未成年の方には遺産分割の際に,特別代理人が必要なのか?そのようなお悩みはありませんか。

もっと読む

きょうだい(兄弟姉妹)で遺産相続するときの相続割合を2パターンで解説

きょうだい(兄弟姉妹)で遺産相続するときの相続割合を2パターンで解説
両親が他界した際に、兄弟や姉妹の間での遺産相続をめぐるトラブルは起きてしまいがちな問題のひとつです。 兄弟姉妹間での相続割合や、もしも連絡先が分からず分配を行うことができなかった場合はどうなるのでしょ

もっと読む

相続財産調査の進め方|各財産の調査方法と依頼費用について

相続財産調査の進め方|各財産の調査方法と依頼費用について
両親や被相続人が亡くなられたら、遺族の方は遺産相続についての手続きを開始します。 初めて遺産相続の手続きを行う方は、どのように進めればいいのかがわからないのではないでしょうか。 本記事では、相続財産調

もっと読む

離婚後に相続権がある人は?子どもと再婚相手は相続できる

離婚後に相続権がある人は?子どもと再婚相手は相続できる
夫婦が離婚を決意し、それぞれの人生を歩む際に、元夫や元妻との財産分与が気になる方もいらっしゃるかと思います。 元夫婦間には遺産の相続権はあるのか、また相続権を持つのは誰なのでしょうか。 本記事では、離

もっと読む

>

お気軽にお問い合わせください。



遺産相続の悩みはしんどいものです。

当事務所は家族問題に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず,お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:079-226-9933