当事務所は8月11日から8月15日までお盆休みをいただきます。休み中もメールや電話でお問い合わせは可能ですが、折返しは8月16日以降となります。

遺留分

遺留分

ここでは遺留分についてお役立ち情報を提供いたします。

 

遺留分を請求する方法は?請求後の手続はどうなるのか?亡くなった日による違い

遺留分を請求する方法は?請求後の手続はどうなるのか?亡くなった日による違い
「遺留分を請求する方法は?」 「請求後の手続はどうなるのか?」 「亡くなった日による違いはあるの? 今回は、そうした疑問に回答します。 遺留分とは 遺留分とは、法定相続人に最低限保証される権利です。

もっと読む

遺留分を請求されたが、お金がない場合はどうしたらよいか?

遺留分を請求されたが、お金がない場合はどうしたらよいか?
遺留分を請求されたが、お金がない場合はどうしたらよいのでしょうか? ここで詳しく説明します。 遺留分とは まずは前提知識をおさらいします。 遺留分は、法定相続人(兄弟姉妹が相続人となる場合を除く)に最

もっと読む

生前贈与があると、遺留分侵害額の計算はどうなるのか?

生前贈与があると、遺留分侵害額の計算はどうなるのか?
生前贈与があると、遺留分侵害額の計算はどうなるのでしょうか? 被相続人が生前に相続人の誰かに自分の財産を贈与した場合には「もしその生前贈与がなければ相続財産はもっとあったはず」ということになります。

もっと読む

遺産が未分割の場合、遺留分侵害額の計算はどうなるのか?

遺産が未分割の場合、遺留分侵害額の計算はどうなるのか?
遺言により遺産が残っていなければ、遺留分侵害額の計算はさほど難しくありません。 では、遺産が未分割の場合、遺留分侵害額の計算はどうなるのでしょうか? 遺留分を算定する際に、遺産分割がまだ終わっていない

もっと読む

相続における遺留分の計算方法は?4ステップで簡単に導けます

相続における遺留分の計算方法は?4ステップで簡単に導けます
兄弟姉妹が相続人である場合を除いて、各相続人には「遺留分」が認められています。(民法第1042条) 本記事では、相続における遺留分の詳細や計算方法などについてご説明します。 遺留分とは? 遺留分とは、

もっと読む

遺留分とは?請求できる相続人の範囲と割合

遺留分とは?請求できる相続人の範囲と割合
遺留分とは、簡単にいえば「相続人に与えられた最低限の権利」です。 生きている間に自分の財産を贈与したり、遺言を作成して誰かに自分の財産を譲ることは自由です。 ただ、これをされてしまうと相続人にとっては

もっと読む

この記事の監修者
弁護士・監修者
弁護士法人ひいらぎ法律事務所
代表 社員 弁護士 増田 浩之
開所以来、姫路エリアに密着し、離婚、相続などの家族問題に注力して10年以上。現在、神戸家庭裁判所姫路支部家事調停委員。

>

お気軽にお問い合わせください。



遺産相続の悩みはしんどいものです。

当事務所は家族問題に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:079-226-3160