遺言書

遺言書

ここでは遺言書についてお役立ち情報を提供いたします。

 

遺言書を法務局で保管してもらうメリットとデメリット

遺言書を法務局で保管してもらうメリットとデメリット
遺産の分配などを、故人の意向を反映したものが遺言書になります。 生前、他界した方が書き残した遺言書には法的な効力がある一方、紙面で管理をするため紛失の恐れがあります。 本記事では、遺言書を法務局で保管

もっと読む

自筆証書遺言とは?全部自筆でなければならないのか?

自筆証書遺言とは?全部自筆でなければならないのか?
「自筆証書遺言とは?」 「全部自筆でなければならないのか?」 今回は、そうした疑問にお答えします。 自筆証書遺言とは 遺言は、民法の中で作成方法が規定されています。 普通方式の遺言は「自筆証書遺言」「

もっと読む

遺言執行者とは?遺言執行者の決め方?遺言執行者の権限は?遺言執行者を決めるメリットは?

遺言執行者とは?遺言執行者の決め方?遺言執行者の権限は?遺言執行者を決めるメリットは?
「遺言執行者ってどのような人?」 「遺言執行者の決め方は?」 「遺言執行者は何ができるの?」 「そもそも遺言執行者を決めるメリットは何?」 今回は、そのような疑問にお答えします。 遺言執行者とは 遺言

もっと読む

遺言書に検認は必要なのか?検認手続きの流れとよくある疑問まとめ

遺言書に検認は必要なのか?検認手続きの流れとよくある疑問まとめ
両親や親族といった被相続人が生前に財産分与などについて記載した遺言書には、どのような効力があるのでしょうか。 正しい効力を知っておかなければ、複数の相続人との間でトラブルに発展することもあります。 本

もっと読む

不公平な遺言書があっても遺留分はもらえる?注意点も解説

不公平な遺言書があっても遺留分はもらえる?注意点も解説
遺言は被相続人の最後の意思として尊重され、原則として遺言書に書かれたとおりに相続財産が分配されます。 自分の死後に争いが生じることが予想される場合や、特に多く財産を承継させたい人がいる場合には、遺言書

もっと読む

遺言書の種類とメリット・デメリットを解説!おすすめの遺言書とは

遺言書の種類とメリット・デメリットを解説!おすすめの遺言書とは
人の死亡とともに相続が開始し、遺言書がある場合はその内容に則って相続の処理が行われます。 遺言書にはどのような種類があり、またどのような特徴があるのでしょうか。 本記事では、遺言書の種類とメリットやデ

もっと読む

遺言書に認められる効力をまとめて解説!無効になるケースに要注意

遺言書に認められる効力をまとめて解説!無効になるケースに要注意
遺産相続において遺言書は、正しい記載方法で作成されている場合は法的に効力が認められます。 遺言書が正しい効力を発揮するためには、どのような点に注意をしなければならないのでしょうか。 本記事では、遺言書

もっと読む

相続人不存在のときでも財産を守りたいなら遺言書を残そう

相続人不存在のときでも財産を守りたいなら遺言書を残そう
独居老人や未婚の方の中には、財産があっても受取人がいない場合があります。 「この家は誰かに使ってほしい」「預金は○○円あるから有効に使ってほしい」などの希望があっても、相続人がいなければ通常、国庫に帰

もっと読む

遺言書を勝手に開封してはいけない理由と正しい開封手順

遺言書を勝手に開封してはいけない理由と正しい開封手順
被相続人の遺言書を発見した場合、中に何が書いてあるのか、自分はどれだけの遺産がもらえるのか、といったことはとても知りたいことと思います。 しかし、勝手に開けてしまうと法律によりペナルティが課せられるの

もっと読む

遺言を作り直したい!作り直す方法は?

遺言を作り直したい!作り直す方法は?
「遺言書を作り直したいけど、どうしたらよいのだろうか」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ここでは、遺言書を作り直す方法について解説します。 遺言書の撤回は自由 遺言者は、いつでも、遺言

もっと読む

特定財産承継遺言とは?遺贈との違いは?登記方法は?

特定財産承継遺言とは?遺贈との違いは?登記方法は?
「特定の相続財産を特定の相続人に相続させたいけど、どうしたらよいのだろうか」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ここでは、特定財産承継遺言とはどのようなものかについて、遺贈との違いや登記

もっと読む

特定財産承継遺言で代襲相続が認められるか?

特定財産承継遺言で代襲相続が認められるか?
「特定の遺産を特定の相続人に相続させる旨の遺言を作成したものの、その相続人が自分よりも先に死亡したときはどうなるのだろうか」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ここでは、特定財産承継遺言

もっと読む

この記事の監修者
弁護士・監修者
弁護士法人ひいらぎ法律事務所
代表 社員 弁護士 増田 浩之
開所以来、姫路エリアに密着し、離婚、相続などの家族問題に注力して10年以上。現在、神戸家庭裁判所姫路支部家事調停委員。

>

お気軽にお問い合わせください。



遺産相続の悩みはしんどいものです。

当事務所は家族問題に注力して10年以上。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:079-226-9933