相続放棄したい方へ

相続放棄とは

相続放棄とは,相続人が,借金の相続を希望しない場合などに,初めから相続人ではなかった扱いにしてもらう手続です。
自分のために相続開始を知った時から3か月以内にできますが,念のため,死亡日から3か月以内に行うことをお勧めします。

相続放棄したほうがよい場合

相続放棄したほうがよいのは,不動産や預貯金等の合計額よりも,借金の額の方が大きい場合です。

相続放棄する方法

「相続を放棄する」という書面を自分で作っても,相続放棄は認められません。
被相続人(=亡くなった方)の最後の住所地を管轄する家庭裁判所(たとえば,姫路市なら神戸家庭裁判所姫路支部)に対し,相続放棄の申述をします。
具体的には,①申述書,②収入印紙や郵便切手,③住民票や戸籍謄本等を提出します。

3か月を過ぎたら相続放棄できませんか?

  • 自分が相続人でないと思っていた
  • 借金があるとは知らなかった

などの事情により,相続放棄しようと思った時は3か月を過ぎていたという場合でも,事情によっては,相続放棄が認められる場合があります。

相続放棄についてもっと詳しく相談したい

相続放棄が初めてという方は多く,皆さん,自分でできるか心配になるものです。
ただ,裁判所のホームページに詳しいやり方が載っています。

裁判所のホームページはこちら

裁判所のホームページを見てもわからない場合は,被相続人(=亡くなった方)の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に問い合わせれば,親切に教えていただけます。
当事務所では,相続放棄のご相談については,まずは裁判所のホームページを見ていただくようお願いしています。

PAGE TOP