当事務所は,新型コロナ対策に万全を期しておりますので,安心してご相談ください。オンラインでのご相談にも対応しております。
CATEGORY

解決事例

姉が取り込んだ両親の保険金等について,早期に分与を受けることができた相続解決事例

事案 Xさん(50代,男性,無職)は,父母が相次いで亡くなったため,姉Y(50代,女性,無職)との間で,遺産である保険金等を折半することを約束し,Yが相続人代表として多額の保険金等を受け取りました。 しかし,もともとXさんとYは仲が悪かったため,YはXのこれまでの態度をなじり,いっこうに保険金等を分けようとしませんでした。 そこで,Xさんは,自分ではどうすればよいかわからず,当事務所を訪れました。 […]

縁遠い先順位の相続人と交渉し,相続放棄させることができた解決事例

事案 Xさん(70代・女性・無職)は,近時死亡した弟の遺産分割を遺されたきょうだい間で行おうとしました。 ところが,死亡した弟Yに養子Z(40代・女性・主婦)(注:相続においてきょうだいよりも先順位)がいることが判明しました。 そこで,Zに相続放棄してもらいたいと考えましたが,どうしてよいかわからず,司法書士さんのご紹介により,当事務所を訪れました。 当事務所の活動 当事務所は,Zの身元を調べたと […]

亡夫の交際相手から提起された訴訟で,低額にて和解できた解決事例

事案 Xさん(60代・女性・主婦)は,税理士さんからの紹介で,すでに別件で相談を受けていました。 ところが,その後,死亡した夫の交際相手Y(60代・女性・無職)から,亡夫から生前贈与を受けた,亡夫の遺産の半分は亡夫と一緒に事業を行っていた自分が築いた,などとして,弁護士を付け,Xさんを被告として数千万円の請求訴訟を提起されたため,途方に暮れて,当事務所に訴訟を依頼されました。 当事務所は,原告の贈 […]

前妻の子らから受けた遺留分減殺請求について後妻が示談できた解決事例

ご相談 Xさん(70代・女性・無職)は,亡くなったご主人の遺産を公正証書遺言に基づき相続しましたが,相続手続き後,ご主人の前妻の長男Y(40代・男性・会社員)らから内容証明郵便にて遺留分減殺請求(※)を受け,さらに,遺言の無効もほのめかされたため,ご自身ではとうてい対応できないと思い,当事務所に交渉を依頼されました。 ※旧法。新法では遺留分侵害額請求と改められました。 当事務所の活動 当事務所は, […]

他の相続人全員に相続放棄させて単独相続を実現し,不動産売却を後押しした解決事例

ご相談 Xさん(90代・女性・無職)は,Xさんの妹の家に住んでいましたが,妹が死亡したため,その家を売却しようと考え,不動産会社様に相談しました。 ところが,その家は,すでに死亡していた妹の夫名義で相続人が多数に上るため遺産分割が必要であることがわかり,ご自身でどのようにすればよいかわからず,その不動産会社様の紹介により,Xさんの長男Yさん(60代・男性・会社員)を通じ,当事務所に相談しました。 […]

遺言無効の主張を封ずるなどして,請求額を800万円以上減額できた相続の解決事例

ご相談 Xさん(70代・女性・年金生活者)は,死亡した内縁の夫から公正証書遺言により住宅等の遺贈を受けていました。 しかし,内縁の夫が勘当していた1人娘Y(50代・女性・職業不詳)が,Xさんに対し遺留分を主張して遺産の一部の引き渡しを求めてきたため,Xさんは困り果て,当事務所に事件を依頼しました。 Yは,さらに,遺言そのものが無効であるとして,Xさんを被告として,遺産の全部(総額1200万円余り) […]

夫婦が同時死亡した困難案件で遺産分割できた相続解決事例

ご相談 Xさん(●代,女性,自営)は,2人暮らしの弟さん夫婦がご自宅で2人とも死亡した状態で見つかったことから,弟さんの遺産(ご自宅など)の処理について困り,当事務所を訪れました。 弟さん夫婦は,どちらが先に亡くなったともいえず,同時死亡の扱いとなるため,弟さんの遺産は弟さんの妻側の遺族に相続されず,他方,弟さんの妻の遺産は弟さん側の遺族に相続されないことになりました。 そこで,まずはご自宅に残さ […]

相続前に兄が取り込んだ父のお金を取り戻すことができた解決事例

事案 Xさん(50代・女性・無職)は,兄Y(60代・男性・無職)が父の生前に父名義の預金を父に無断で引き出すとともに,父に兄が相続するとの遺言を作らせ,父の死後,父の財産を独り占めしようとしたため,当事務所を訪れました。 当事務所の活動 当事務所は,Yらに遺留分減殺請求するとともに,Yが取り込んだ預金について,Yと銀行を被告として提訴しました(同時審判申出訴訟)。 当事務所の結果 その結果,Xさん […]

遺留分を早期に回収したケース

事案 高齢のLさんは,別居中の夫が亡くなり,お金には執着はなかったものの,夫の前妻の子の態度が失礼であると考え,当職に遺留分減殺請求を依頼しました。 問題点 当事者間に感情的な対立があり,弁護士が間を取り持つ必要がありました。 当事務所の対応 そこで,当職が事件を受任し,感情的な対立がボタンの掛け違いにすぎないことを相手方に説明し,誤解を解くことで,相手方から遺留分の満額に相当する金銭の支払いを受 […]

相続の前哨戦-親族による財産取り込みを解消したケース

事案 高齢のKさんは,認知症が進んだため,後見が開始されました。成年後見人の職務を行うこととなった当職が調査すると,Kさんの親族が,Kさんに無断で,Kさんの銀行預金数千万円を引き出していることが判明しました。 問題点 この場合,Kさんの親族も悪いですが,払い戻しに応じた銀行の対応にも問題があるかもしれません。 そこで,取り込まれた数千万円をどちらに請求するのかが問題です。 また,Kさんの親族は,お […]

>

お気軽にお問い合わせください。



遺産相続の悩みはしんどいものです。

当事務所は家族問題に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず,お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:079-226-9933