当事務所は8月11日から8月15日までお盆休みをいただきます。休み中もメールや電話でお問い合わせは可能ですが、折返しは8月16日以降となります。
TAG

相続放棄

ここでは相続放棄に関連する主な解決事例をご紹介します。

すみやかに遺産を調査し、一連の遺産分割をワンストップで終了できた解決事例

ご相談 Xさん(20代、女性、会社員)とその兄弟は、母と離婚した後疎遠になっていた父が病死したことを父方の親戚伝いに知りましたが、共同相続人それぞれが独立し別々の場所に住んでいたことなどから、約1か月半近くの間、父の遺産の整理について具体的に話し合うことができずにいました。 その中で、Xさんら共同相続人は、法律上、相続放棄ができる期間(熟慮期間)が相続開始を知ったときから3か月以内ということを知り […]

縁遠い先順位の相続人と交渉し、相続放棄させることができた解決事例

事案 Xさん(70代・女性・無職)は、近時死亡した弟の遺産分割を遺されたきょうだい間で行おうとしました。 ところが、死亡した弟Yに養子Z(40代・女性・主婦)(注:相続においてきょうだいよりも先順位)がいることが判明しました。 そこで、Zに相続放棄してもらいたいと考えましたが、どうしてよいかわからず、司法書士さんのご紹介により、当事務所を訪れました。 当事務所の活動 当事務所は、Zの身元を調べたと […]

他の相続人全員に相続放棄させて単独相続を実現し、不動産売却を後押しした解決事例

ご相談 Xさん(90代・女性・無職)は、Xさんの妹の家に住んでいましたが、妹が死亡したため、その家を売却しようと考え、不動産会社様に相談しました。 ところが、その家は、すでに死亡していた妹の夫名義で相続人が多数に上るため遺産分割が必要であることがわかり、ご自身でどのようにすればよいかわからず、その不動産会社様の紹介により、Xさんの長男Yさん(60代・男性・会社員)を通じ、当事務所に相談しました。 […]

夫婦が同時死亡した困難案件で遺産分割できた相続解決事例

ご相談 Xさん(70代、女性、自営)は、2人暮らしの弟さん夫婦がご自宅で2人とも死亡した状態で見つかったことから、弟さんの遺産(ご自宅など)の処理について困り、当事務所を訪れました。 弟さん夫婦は、どちらが先に亡くなったともいえず、同時死亡の扱いとなるため、弟さんの遺産は弟さんの妻側の遺族に相続されず、他方、弟さんの妻の遺産は弟さん側の遺族に相続されないことになりました。 そこで、まずはご自宅に残 […]

>

お気軽にお問い合わせください。



遺産相続の悩みはしんどいものです。

当事務所は家族問題に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:079-226-3160