当事務所は8月11日から8月15日までお盆休みをいただきます。休み中もメールや電話でお問い合わせは可能ですが、折返しは8月16日以降となります。
SEARCH

「遺言」の検索結果75件

自筆証書遺言とは?全部自筆でなければならないのか?

「自筆証書遺言とは?」 「全部自筆でなければならないのか?」 今回は、そうした疑問にお答えします。 自筆証書遺言とは 遺言は、民法の中で作成方法が規定されています。 普通方式の遺言は「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類がありますが、普通方式の中で最も簡単に作成できるのが「自筆証書遺言」です。 民法第968条に自筆証書遺言の作成上限のルールが規定されており、これに従っていないもの […]

遺言執行者とは?遺言執行者の決め方?遺言執行者の権限は?遺言執行者を決めるメリットは?

「遺言執行者ってどのような人?」 「遺言執行者の決め方は?」 「遺言執行者は何ができるの?」 「そもそも遺言執行者を決めるメリットは何?」 今回は、そのような疑問にお答えします。 遺言執行者とは 遺言は、遺言者(遺言作成者)が死亡した時に効力が発生します。 ところが、この時点ではもう当然に遺言内容を実現したい遺言者はいないわけですから、誰が遺言内容を実現させるのでしょうか。 遺言内容を実現させる役 […]

遺留分を請求する方法は?請求後の手続はどうなるのか?亡くなった日による違い

「遺留分を請求する方法は?」 「請求後の手続はどうなるのか?」 「亡くなった日による違いはあるの? 今回は、そうした疑問に回答します。 遺留分とは 遺留分とは、法定相続人に最低限保証される権利です。 例えば、被相続人が遺言で誰か特定の人にすべての財産を遺贈または相続させた場合には財産を承継できなくなる相続人が出てしまうことになります。 実際にこのような不公平な相続を経験された方もおられるのではない […]

遺留分を請求されたが、お金がない場合はどうしたらよいか?

遺留分を請求されたが、お金がない場合はどうしたらよいのでしょうか? ここで詳しく説明します。 遺留分とは まずは前提知識をおさらいします。 遺留分は、法定相続人(兄弟姉妹が相続人となる場合を除く)に最低限保証された権利です。 被相続人が遺贈や生前贈与をしたことにより、法定相続人が遺留分に相当する財産を受けることができない場合には遺贈や生前贈与を受けた人に対して返還請求ができます。 遺留分を算定する […]

遺産が未分割の場合、遺留分侵害額の計算はどうなるのか?

遺言により遺産が残っていなければ、遺留分侵害額の計算はさほど難しくありません。 では、遺産が未分割の場合、遺留分侵害額の計算はどうなるのでしょうか? 遺留分を算定する際に、遺産分割がまだ終わっていないケースではどのように扱われるのかが問題となります。 今回はやや理解しづらいテーマではあるかもしれませんが、なるべく理解しやすい事例を挙げて説明していきます。 遺留分の算出方法 まず、前提として遺留分の […]

生前贈与があると、遺留分侵害額の計算はどうなるのか?

生前贈与があると、遺留分侵害額の計算はどうなるのでしょうか? 被相続人が生前に相続人の誰かに自分の財産を贈与した場合には「もしその生前贈与がなければ相続財産はもっとあったはず」ということになります。 つまり、贈与を受けていない相続人からすれば不公平を感じることがあるわけです。 これは、よくある話であり実際に経験された方も多くおられるのではないでしょうか? そこで、民法では「遺留分」という規定を設け […]

相続登記は義務なのか?登記しないとペナルティはあるのか?

「相続の登記ってしなければならないの?」 「相続登記が義務になるって聞いたが・・」 そのようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 ここでは、相続登記が義務なのかについて、詳しくご説明します。 登記のしくみ 不動産は、法務局で土地・建物ごとに情報が管理されています。 また、その情報を証明書にしたものを「登記事項証明書」といい、俗に「登記簿謄本」と呼ばれています。 不動産登記記録は、不動産 […]

相続人不存在の基礎知識と手続を徹底解説

「自分には誰も法定相続人がいないけど、自分が死んだら自分の財産はどうなるのだろうか」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ここでは相続人不存在の基礎知識と手続について解説します。 相続人不存在のときの相続財産は法人になる 人は死亡によって自己の財産に関する一切の権利義務を失いますが、それらの権利義務は民法が定める一定範囲の親族(法定相続人)に当然に承継されることになります(民法896条 […]

遺産相続 トラブルのよくある事例と円満解決の対処法5つ

「遺産分割をしなければならないものの、相続人間でトラブルが発生してしまい、どうしたらよいのだろうか」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ここでは、遺産相続のよくあるトラブルと解決方法について解説します。 トラブル①~法定相続分と異なる割合での遺産分割 ある人(被相続人)が死亡し、遺産がのこされたとき、遺言があるときは遺言の記載に従って遺産分割をすればよいのですが、遺言がないときは相続 […]

住んでいる家の相続はどうすればいい?遺産相続の方法や注意点をわかりやすく解説

「親からタダで借りた家に住んでいるけど、親が死んだ後も住み続けることはできるのだろうか」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ここでは親からタダで借りた家に親の死後も住み続ける方法について解説します。 方法①~遺言書をのこす ある人(被相続人)が死亡し、遺産がのこされたとき、遺言があるときは遺言の記載に従って遺産分割をすればよいのですが、遺言がないときは相続人全員で話し合って遺産分割を […]

>

お気軽にお問い合わせください。



遺産相続の悩みはしんどいものです。

当事務所は家族問題に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:079-226-3160